私たちの活動

地域と共に

地域との共生

ダイハツ九州は、常に社会で行動する企業市民として、広く社会・地域・お客様から「共感」と「信頼」を得られる企業を目指した地域コミュニケーションに力を入れております。

ダイハツ九州祭り

当社では、地域の皆様への感謝の気持ちを込めるとともに地域の方々との交流を深めるため、ダイハツ夏祭りを開催しています。毎年、お子様からお年寄りまで、多くの方にお越しいただいています。こうした取り組みを通じて、地域の方同士の絆を深めています。

お祭りの出店で喜ぶ子供たち
▲お祭りの出店で喜ぶ子供たち
ダイハツ夏祭りメインステージ
▲ダイハツ夏祭りメインステージ

工場見学受け入れ

当社では、事業活動および環境安全への取り組みについて理解していただくために、大分(中津)工場、久留米工場の両工場で工場見学を受け入れています。

大分(中津)工場の見学スタッフ
▲大分(中津)工場の見学スタッフ
工場見学10万人達成
▲工場見学10万人達成

親子体験教室

当社では、ものづくり人材の育成を目的に、楽しみながらものづくりの大切さを学んでもらうための企画として、小学生高学年の生徒とその保護者を対象とした「親子ものづくり体験教室」を行っています。

インパクトでボルト締め体験
▲インパクトでボルト締め体験
塗装吹き付け体験
▲塗装吹き付け体験

ダイハツ九州スポーツパーク大貞ネーミングライツパートナーシップ締結

当社では、大貞総合運動公園および付帯施設のネーミングライツを取得し、中津市と共に、スポーツの振興と地域の皆様の健康促進に貢献していきます。

ネーミングライツ契約調印式
▲ネーミングライツ契約調印式
ダイハツ九州アリーナ
▲ダイハツ九州スポーツパーク大貞

大分トリニータユニフォームスポンサー

当社では、「スポーツを通じて地域コミュニティの発展に貢献し、青少年の健全な育成に寄与したい」との思いから、大分トリニータとのオフィシャルスポンサー契約を締結しています。地域の皆様と一緒にスポーツを愛する心を大切に育むとともに、積極的に応援していきます。

スポンサー契約調印(2011年1月)
▲スポンサー契約調印(2011年1月)
大分トリニータビッグフラッグ
▲大分トリニータビッグフラッグ

中津市と津波避難ビル協定締結

大分(中津)工場では、津波等による浸水被害発生時に近隣の方々の避難場所として、施設のスペースを提供し、地域を支援する津波避難ビル協定を中津市と締結しています。

津波避難ビル協定調印式
▲津波避難ビル協定調印式
津波避難者の誘導看板
▲津波避難者の誘導看板

九州北部豪雨災害復旧ボランティア

2012年7月に行われた九州北部豪雨災害復旧ボランティア活動に参加し、3日間で延べ300人の従業員が復旧作業を行いました。重機が入れない民家の大量の土砂を、スコップ、一輪車、軽トラックで除去しました。

土砂を搬出する従業員
▲土砂を搬出する従業員
大量のゴミを搬出する従業員
▲大量のゴミを搬出する従業員

ネモフィラの種まき

当社では、九州北部豪雨の被害を受け、復興を願う住民で組織する「青の洞門を青に染めるプロジェクト」に毎年参加しています。

鳥獣被害対策ボランティア

過疎化や高齢化により地元集落のみで侵入防止柵等の設置が困難な地域で、集落の方々とともに侵入防止柵を設置しました。

集落の方々と侵入防止柵設置
▲集落の方々と侵入防止柵設置
集落の方々と侵入防止柵設置
▲集落の方々と侵入防止柵設置

交通安全街頭啓発運動

当社では、定期的に交通安全運動に参加し、会社付近の交差点に立って、安全運転やシートベルトの着用飲酒運転の根絶などを呼びかけています。

当社正門前で交通安全活動
▲当社正門前で交通安全活動
交通安全のチラシ配り
▲交通安全のチラシ配り