会社情報

トップメッセージ

代表取締役社長 泉谷
 卓司(いずたに たくじ) 私たちの喜びは“高品質”でお客様に笑顔をお届けすることで

ダイハツ九州は2004年に群馬県前橋市から移転し、コンパクトカーの一貫生産会社として車両工場を大分県中津市に、エンジン工場を福岡県久留米市に構え、開発、調達、生産までスルーで担っています。

この九州の地から"高品質"を安定的絶対的に実現するために私たちは、その基礎となる人材育成にもっとも力を入れております。
その中で、「SSC」すなわち、Simple,Slim,Compactというスローガンがあります。
それはハードとソフトの両面からのダイハツ九州の目指す姿を示しています。
その心はムダを無くして、余分な仕事、コストを減らし、高品質、低価格を実現しよう、ということです。

ハード(設備)面では、Simpleで保全性よく、Slimで省エネ、Compactで扱いやすいことを、
ソフト(仕事の進め方)面では、Simple で飾らない明解な、Slim、Compactで風通しのよい早い意思決定を意味し、私たちはコンパクトカーメーカーの理想を目指しています。

また、「素直で明るく前向き」なダイハツ九州DNAを活かして私たちは若い力で海外展開も始めました。
ダイハツグループのマレーシア新会社PGMSBのマザー工場として2013年の立ち上げ準備から、現在も現地で多くのメンバーが活躍し、かつ日々グローバル人材としての勉強をしています。

これを機に国内のみならず海外のお客様にも笑顔をお届けしようと、これからも全社一丸となってコンパクトカー技術に磨きをかけてまいります。